憧れのマイホームをもつ為に

購入前に確認すること

家は一生の資産だからこそ、購入する前に色々な情報を見ることが大事です。

人は楽しい気持ちや嬉しい気持ちで心が満たされていると、その物の良い所にしか目がいかず欠点を見落としがちです。
心から惹かれ、気に入った家に住むことはとても大切なことです。
しかし、隅々までよく吟味しないまま購入し居住してしまうと暫くしてから欠陥に苛まれたり環境トラブルなどに巻き込まれてしまうかもしれません。
気に入って購入した家に不満が募ったり、家を購入しなければ良かったなんて思うことは悲しいことですよね。
気に入った大切な家だからこそ購入前は一歩踏みとどまり、家の設備や間取りに不備はないか、家の周囲の環境は良好か、家の購入費用は予算からかけ離れていないかをしっかり確認しましょう。

注文住宅も建売住宅も種類はある

注文住宅と建売住宅、其々のメリット・デメリットを確認した時にどちらも捨てがたい魅力や避けたい欠点があり、悩みが尽きず諦めたりしていませんか?
実は、注文住宅と建売住宅の其々のメリット・デメリットを補った建築方法があるのです。

注文住宅は、フルオーダー式とセミオーダー式での建築方法があります。
フルオーダー式はその名の通り、資材選びから設備、間取り迄全て自分で決めることが出来る方法です。
セミオーダー式とは、ある程度の家の仕様は決まっていますが設備や家の壁紙の色を自分好みに選ぶことの出来る方法です。
セミオーダーでは、間取りも自分で決めることが出来ます。

建売住宅は、家を完成させる前の未完成の状態であったり建築を開始する前の状態から購入することが出来る方法です。
この状態であれば、制約はあるものの設備などの変更が出来たり建築過程の様子を見ることが出来るのです。