建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは費用が安く明白、好立地が多い、居住後の生活が想像しやすい、ところだと思います。

購入前に既に完成された家を見ることが出来るので、家の雰囲気や設備を居住前にしっかり吟味し確認することが出来るでしょう。
実際に自分が生活している風景を思い浮かべながら家を見ることが出来るので納得した上で購入を決めることが出来るでしょう。
購入後、すぐに居住することも出来ます。

建売住宅はあらかじめ家の購入額を明らかにしており、考えている予算内で家を探すことができる為予算オーバーになることがありません。
様々な費用が掛かる注文住宅と違い比較的安く購入出来ます。

また、建売物件は好立地や人気区画に家が建てられている場合が多いです。
建売住宅は入居者が現れて初めて売買契約が成立するもの、建築をしても誰かに契約してもらい購入してもらえなければ意味がありません。
その為、自然と好立地や人気区画に家が建てられるのです。

建売住宅のデメリット

建売物件のデメリットは、どうしても妥協したり譲歩しなければいけない箇所がでてきてしまうところでしょうか。
建売物件は既に完成された家を購入することになるので、自分の理想や条件が全て一致する家に出会えることは限りなく少ないでしょう。
よく吟味し、納得した上で購入を決めてもいざ居住した後に暫くしてからこの設備は別の方が良かったなど不満がでてきてしまうかもしれません。

また、建築業者を選ぶことが出来なかったり建築過程を見ることが出来ない建売物件は家に欠陥があった時にすぐに気付くことが出来ません。
居住後、暫くしてから様々な欠陥が見つかり途方に暮れる可能性もあります。
事実、建売住宅には欠陥住宅が多いそうです。