注文住宅と建売物件の違いとは、またそれぞれの特徴とは?

注文住宅のメリット

注文住宅の最大のメリットは、やはり自由度の高さではないでしょうか?
家の基盤となり建築する上で最も大事な資材選びから、業者選び、家の間取りやキッチンなどの設備まで全て自分で決めることが出来るのです。
つまり、理想通りのこだわりいっぱいの家を建てることが出来ます。

また、作業を一から始めるのでその職業か家主しか参加することの出来ない地鎮祭に参加することができ、建築過程の詳細を見ることが出来ます。
普段では決して参加することのない地鎮祭や、自分の家がつくりあげられていく様を見ることが出来るのは注文住宅ならではの特権です。
きっと一生の思い出になるでしょう。

そして、よく注文住宅の費用は一般的に建売住宅より高いと言われますが妥協出来る箇所と譲れない箇所で費用のやり繰りを行えば抑えることは出来ます。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、居住までに時間がかかる点でしょう。
建売住宅と違い、注文住宅は土地探しから始まります。
条件にあう土地がうまく見つかれば良いですが、すぐに見つからない場合土地探しだけで月日が経過してしまいます。
予定ではもう居住している筈がまだ土地探しの段階、もあり得るのです。

また、資材から設備まで全て拘りをもって決められるのは良いことですが裏を返せば全て自分で決めなくてはいけないということです。
契約や資材選びなど全て自分で行うのは面倒だと感じたり、時間に余裕がなく手間暇掛けられない、はやく居住したい方にはデメリットでしょう。

そして、注文住宅の場合家が完成する迄は図面だけで物事が進行します。
完成後の家を実際に見ることができるのは、どうしても建築終了後になります。
その為、想像していたイメージと完成した家の雰囲気が違うなんてことが起こる可能性もあるのです。